林 眞美 HAYASHI Mami

ソプラノ

京都市立音楽高等学校(現、京都市立京都堀川音楽高等学校)を経て、東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。同大学大学院修士課程独唱科修了。

在学中、第6回東京藝術大学奏楽堂企画『サーバ/周辺/世界ーイプセン、グリーグ《ペール・ギュント》による音楽劇』にソルヴェイグ役で出演。

第4回大阪国際音楽コンクール、高校の部声楽部門第3位。第14回日本クラシック音楽コンクール、大学の部声楽部門全国大会入選。

近年では、ロビーコンサートや、青島広志が贈る「たのしいオペラ教室」、北とぴあ国際音楽祭『芸大とあそぼうin北とぴあ』に出演する等、活動の幅を広げている。

Q. これまでに受けたレッスンのなかで、一番印象に残っているレッスンのことを教えてください。

A. 受験生の時、初めて東京で受けたレッスンです。不安と緊張で硬くなっている私に、「自由に楽しんで歌ってください」と笑顔でお言葉をかけてくださった先生。「悪いところ」よりも「よいところ」を沢山挙げていただき、魔法にかけられたように幸せな気持ちで歌ったことを覚えています。

Q. 影響を受けたアーティストは誰ですか?

A. ナタリー・デセイさんです。大学の卒業旅行で、友人とニューヨークのメトロポリタン歌劇場に行きました。劇場では、ベッリーニの『夢遊病の女』を鑑賞したのですが、会場を包み込むような彼女の声とテクニックに第一声を聞いた瞬間から心が震えました。

Q. 演奏活動をするうえで大切にしていることは何ですか?

A. 当たり前のことかもしれませんが、体調管理です。まずは体が資本。喉や体を冷やさないこと、しっかり食べて寝ることを日々心がけています。