川口 晃 KAWAGUCHI Akira

フルート

石川県金沢市出身。12歳でフルートを始める。東京芸術大学及び、同大学院を卒業。

ミシェル・モラゲス氏、ラファエル・レオーネ氏のマスタークラス受講。

第61回毎日学生音楽コンクール大阪大会第2位、第18回コンセールマロニエ21入選など。

都内の主要オーケストラの他、オーケストラアンサンブル金沢、大阪フィルハーモニー交響楽団等、全国各地で客演するなど活躍している。

Q. これまでに受けたレッスンのなかで、一番印象に残っているレッスンのことを教えてください。

A. 中学生の時、地元のジュニアオーケストラに所属していたのですが、そこへ海外公演中のベルリン・フィルのメンバーが指導に来るということがありました…!当時の首席フルート奏者アンドレアス・ブラウがフルートパートを指導して、合奏ではなんとサイモン・ラトルが!子供達を相手に指揮棒を振るいました。ブラウの本当に美しい音色、ラトルの魔法のような棒…内容云々ではなく、音楽そのものが本当に素晴らしかったのを、肌で感じられた貴重な経験だったと思います。

Q. 影響を受けたアーティストは誰ですか?

A. オーレル・ニコレです。楽器演奏法や、西洋音楽理論の習得とは、時に本当に退屈なもので…(笑) 大学生の頃はあまり楽器と触れ合いが楽しくなかったのですが、ある日ニコレのCDを聞いて衝撃を受けました。彼の音楽は純粋に音楽の楽しさを思い出させてくれました。残念ながら、今年の初頭に亡くなってしまいましたので、生の演奏を聴くことは叶わないのですが、素晴らしいお弟子さん達が意志を引き継いで世界で活躍してらっしゃるので、まだまだその息吹を感じることができます。

Q. 演奏活動をするうえで大切にしていることは何ですか?

A. しっかり楽しむこと!どのステージも人生の中で、そうそう経験できるものではありません。準備から打ち上げまで(笑)あますところなく楽しむようにするように心がけています。