小林 鴻 KOBAYASHI Ko

トランペット

青森県弘前市出身。10歳よりトランペットを始める。弘前南高等学校を経て弘前大学教育学部を卒業後、東京藝術大学音楽学部別科入学。現在東京藝術大学大学院音楽研究科二年に在籍。

第20回浜松国際管楽器アカデミーにおいてT.フートゥンのマスタークラスを受講、クラス選抜演奏会に出演。

第84回日本音楽コンクールトランペット部門三位入賞。

トランペットを館山勝則、佛坂咲千生、栃本浩規、佐藤友紀、古田俊博、菊本和昭の各氏に師事。室内楽を和田美亀雄、日高剛、栃本浩規の各氏に師事。

Q. これまでに受けたレッスンのなかで、一番印象に残っているレッスンのことを教えてください。

A. 現在師事している栃本浩規先生のレッスンですね。先生は今までの先生とは違い、トランペットを演奏する技術をとてもシステマチックに教えて下さる先生でした。さらにとても気さくな方でそれまでの緊張するレッスンとは全然違いとても和やかにレッスンしてくださいました。

Q. 影響を受けたアーティストは誰ですか?

A. スウェーデンのトランペット奏者のホーカン・ハーデンベルガーですね。高校生の時初めて彼の音を聴いた時「こんなに柔らかくて暖かい音があるのか」と衝撃を受けました。それ以来彼の音楽に夢中でいつも聴いています。

Q. 演奏活動をするうえで大切にしていることは何ですか?

A. 聴いていただいてるお客さんのことを考えてどうしたら楽しんでもらえるかプログラミングにこだわっています。演奏しているときは聴いてるお客さんが落ち着いて聴いていただけるように安定した演奏を心がけています。